日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


今日の晩御飯1 評論 解答編

昨日の晩御飯のレビューの解答編。

コメント欄に記載された解答を見たけど、
反省点はもっと趣深く書くべきだったと反省。
(≒少し想像し易いかったか)
冷静になって読み返してみるとレビューというか、”なぞなぞ”だわコレ!

というわけで、問題は下記の通りでした。

○○ (漢字2文字)

全身を覆う防寒具に包まれたような温かさ。
薄紅色の頬の色を残し、柔らかい白銀のベッドに寝転がる。
琥珀色の残滓。
十人十色。視覚ではなく本質を観取することに気付かせられる一品。


解答は、<続きを読む>からどうぞ。

解答編。
1文づつ解説入れておきます。(益々なぞなぞっぽさが(ry

全身を覆う防寒具に包まれたような温かさ。
⇒食材が何かに包まれている様子
 この時点で巻かれるものや、包まれるものを想像。


薄紅色の頬の色を残し、柔らかい白銀のベッドに寝転がる。
⇒1行目の文章の続き。
  全身は防寒具に包まれているが、頬は真っ赤になっている。
  つまり、食材が包まれているが、包まれていない部分は赤色。
  海老の尻尾。白銀のベッド。つまりは銀シャリ。


琥珀色の残滓。
⇒全文の寝転がったことによって生まれた残滓。滓。
  そして琥珀色の滓。揚滓。余分についた衣のことを指す。  

十人十色。視覚ではなく本質を観取することに気付かせられる一品。
⇒十人十色。
  よそ目には一列一体、平等無差別に見えるが、実態は大きく違っている。
  つまり、表面は同じ琥珀色の衣をまとっているが、中身は違う食材が揚げられている。

  視覚ではなく~
  これも十人十色に重ねた言い回し。



というわけで、答えは


「天丼」でした!


また、機会があれば書いてみます。

正解者
 鋸山運転手 さん (10P)
 マナル さん (10P)

不正解
  えーじぇんと さん
スポンサーサイト