日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


餃子の残滓

以前、餃子を作ろうという話になって、キャベツが売ってなかったので
延期となっていた餃子作りをとうとう実行に移す時がやってきました。

DSC_0385.jpg
勿論、今回の匠はこの人。「葱のスタイリッシュカット」でお馴染みの咲雪氏。

DSC_0386.jpg
取り敢えず、一つ、また一つ、勇敢な一族野菜をみじん切りに。

DSC_0387.jpg
ボウルの淵に赤い物体が見えますが、気のせいです。

DSC_0388.jpg
ミンチを入れて、混ぜます。

DSC_0389.jpg
一つのボウルじゃ収まらなかったので、2つに分けて混ぜます。


DSC_0390.jpg
で、焼きます。
包む工程は、黙々と集中してやっていたので、写真に収めるのを忘れていました。

DSC_0392.jpg
数分蒸し焼きにして、完成。
羽をつけようと色々と画策しましたが、結局妖精の翼は授かりませんでした。
味は若干薄かった程度で、初めての挑戦の割にはうまくいったかなと。
最後の焼きおにぎりが一番美味しかった

そろそろ来年の目標を立てなければ・・・・




で、皆さんお忘れでしょうが、異界送りの時間です。

そう、これまで彼是数回のホットプレートを使用した調理がありましたが、
どれもシンの毒気にやられた残滓達と戦ってきました。

今回の餃子では、皮に包まれなかった餡がかなり残っていました。

で、どうやって異界送りしたかというと。

DSC_0393.jpg
水少々を沸騰させ、カレールーを投入します。
※ルーを刻んで、最後に入れてもOK


DSC_0394.jpg
いい感じに溶けます。
ここはザナルカンドです。

DSC_0395.jpg
残滓をザナルカンドに送り込みます。
そして、しばらく煮ます。
水気がなくなったら、ブリッツボールはアニキの激しいタックルによって終了です。

DSC_0397.jpg
キーマカレーらしきものが完成します。


味については、ノーコメもありやy。
スポンサーサイト