日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


入れ炊く

月一のノルマ達成

IMGP1684.jpg

先日(といっても、もう結構前)、とあるシェフと皇居近くの公園でけん玉をしたんですが、
その帰りに青森の物産展で購入した炊き込みご飯がきっかけで、炊き込みご飯に少し嵌ったという話。

休日出勤した帰りに渋谷のLOFTに寄ったところ、気になる物が売ってたので購入。

「入れ炊く」

安直すぎる、ネーミングほんとすこ。

IMGP1689.jpg

とりあえず、「霧島黒豚角煮」を開封。
これ、中身入れ替えられたら分んない。

IMGP1691.jpg

米二合に缶の中身を投入。角煮6個くらいに生姜がたっぷり入ってた。
投入後、二合炊きのラインまで水を追加すればいいらしい。
炊き込みモードにして炊く。

IMGP1693.jpg

完成。

食べてみた感想としては、ちょっと味薄いかも。
あと角煮の油がめちゃくちゃすごかった(コナミ

個人的には期待度が高すぎたのか、あまり満足できる内容ではなかった。

で、後日。

IMGP1695.jpg

写真の撮り方が角煮とは違い雑なところから、期待値の薄さが見て取れますね。

「国産さんま・合わせだし仕立て」らしいです。

IMGP1696.jpg

まんま、さんま缶の希ガス

IMGP1698.jpg

何かを召喚するように、サンマの切り身を揃えます。

IMGP1699.jpg

召喚に失敗しました。

IMGP1701.jpg

葱をまぶすとなんでもおいしそうに見える不思議。
角煮編で味薄いなと思っていたので、実は炊く前に麺つゆ入れたりしてたので、結構おいしかった。

兎に角、炊き込みご飯は楽なので、また何か見つけたら買っていこうかと。
スポンサーサイト