日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


えー列車で逝こう 1

僕たちの「大野城」を大都市にする物語
1

以前、シムシティをやっていた頃に、気になっていたゲーム。
毎回買おうと思っていたのだけど、とうとう先日購入してみました。

そういえば、シムシティではどこかの市長が税金を上げまくって大変なことになっていたのを思い出します。
dghdgj.jpgクリック非推奨

シムシティのようにある程度完成された環境からスタートし、課題をクリアしていくのが通例ですが、
今回は一から大野城を大都市にすることを目的とします。

環境を作る必要があるので、エディットモードでスタートします。
まずは、僕たちの心の故郷である「大野城」を作成します。
博多駅に負けず劣らず、六番線の高架駅を設置。ここを中心に都市を拡大する予定。
1

そして、大野城の東にもう一つ駅を設置します。
博多駅ほど大きくないので「博少駅」と名付けましょうか。(読みは各自に任せます
1

二駅間でレールを敷きます。更に、博少駅側に資材工場を設置し、大野城駅に資材置き場(大)を設置。
シムシティでは勝手に家が生えてきてましたが、えー列車ではこの資材というものが置いてやらないと
周囲に家が生えてこないそうです。また駅周辺の緑色のサークルがどうやら拡大範囲らしい。
1
とりあえず、ダイアの設定などが面倒なので、環状線上に作ることを心がけます。
内側の円に貨物列車を設置し、資材を大野城駅に運ぶ仕組みとします。

更に、博少駅の南に「太宰府駅」を設置。
ここは小型駅とします。追々文化的な建物を設置していこうと思います。
1

そして、大都市といえば「北○○駅」だったり「新○○駅」とか使いまわしされるので、
大野城駅の南に作った駅は「南大野城」とします、将来的には東西南北作りたい。
1
とりあえず、博少駅で作成した資材を大宰府、南大野城駅まで運ぶために、
もう一両の貨物列車を用意し、循環させるように接続。

これで一通り、環境構築は完了とします。

最初の資金を設定し、創作ゲームとして登録します。
設定された環境によって、自動的にゲーム難易度を判定してくれるけど、難易度Bとなりました。
ちなみに僕は難易度Aですらクリアできません。
1

というわけで、次回は大野城の崩壊をお送りします。
スポンサーサイト