日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


3連休まとめみたいなもの

広告消すために記事を書くブログと化してる。

DSC_0714.jpg

.

というわけで、某ブログのTKR10さんより感化されて、買ってしまいました。
買うまでにいろいろな経緯はあったけど、割愛。

HOTERYのミニガスバーナー。大体6,000円後半だったような気がする。

DSC_0715.jpg

とりあえず、開封して設置してみる。
スタンドもセットでついてきてて、こちらは組み立てが必要。ネジやスパナなどは付属してた。
左下の黒い台はガスバーナーの背面にガスの注入口があって逆さまにする際の台座だった。
一応説明書では、ガスは数秒で溜まり、1時間くらい持つとのこと。

DSC_0716.jpg

炎が青色になるまで、シフトレバーみたいなものを回転して調整する。

DSC_0717.jpg

とりあえず、スキレットをプットオンして定番メニューを作ってみる。
ソーセージはよかったが、目玉焼きはスキレットに被せるフタがなかったのでうまいこと焼けなかった。

というわけで、時系列は変わるけど後日やってみた。

DSC_0726.jpg

ご飯を牛肉で巻いてみる。宮崎名物の肉巻きおにぎり。

DSC_0727.jpg

そして、焼いてるうちに剥がれる。
なんか、想像していた料理にならなかった。
店で食べた肉巻きおにぎりはきれいに巻いてあった希ガス。


というわけで、先に料理系の記事をまとめておく。

Twitterだか、まとめサイトだったか、忘れたけど、
炊飯器でカレーピラフを作るって記事を見つけた話。

そういえば、以前も記事にした記憶があるけれども、炊き込みご飯は最強。(異論は認める
炊飯器一つでできるので、洗い物も少ないし、何より楽。
これが炊き込みに入るかは不明だけど、炊飯器のボタン一つでできるって素敵。

DSC_0728.jpg

お米1合にレトルトカレーを突っ込む。辛口を買ったつもりなのに、甘口だった。
レシピサイトでは辛口というかスパイスが効いたカレーの方がいいらしい。
※レシピサイトではお米は1.5合で書かれてたけど、1.5合は食べ切れないので1合でやってみた。

レトルトカレーを入れた時点で1合分の水のラインを超えていたけど、
不安だったので、水を足して1.5合ラインに合わせてみた。
あと、炊飯器は炊き込みモードでやった。

DSC_0730.jpg

甘口だったので微妙だったけど、結構おいしかった。
これは過去の料理の中でもコストパフォーマンス的な意味でかなり優秀だと思った。
今度は辛口で試してみたい。これを考えた人は天才。





で、スポーツの話。

もともと野球やサッカーなんかはテレビで見る派の人間だったのだけど
一昨年くらいに一度知人に誘われて野球を見に行ったのがきっかけでスポーツ観戦をするようになった。
自論になるのだけども、野球に関して言えば投手と打者の勝負こそ野球の醍醐味で、
遠巻きにしか見れない現地での観戦は、あまり面白くないものと思ってた。

よく覚えてないけど知人曰く、現地でしか味わえないものがあると力説してた記憶があって
祭りなんかで知らないバントが曲を弾いてたら足を止めて聞き入っちゃうだろ?って言われた気がする。
スポーツ観戦と紐付けては共感できなかったけど、確かに祭りなんかで曲を弾いてると聞いてしまうのは分かる。
個人的に子供の頃に行った祭りで、The Venturesのダイアモンド・ヘッドを弾いてる人がいて、
今でもそういった祭りに行くと、その時の記憶がよく甦る。こち亀よりも、個人的には祭りのイメージが強い

で、野球のシーズンはほぼ終わってしまったので、サッカー観戦へ。
一応全般的にチームの好き嫌いはないけど、一応地元福岡のアビスパ福岡を応援してて
先週は横浜FCとの試合で、横浜に行ってくることに。思えば、人生2回目の横浜だった気がする。

DSC_0718.jpg
サッカーのスタジアムって基本的に陸上競技場の中にあることが多くて、サッカー専用って少ないけど
ニッパツ三ツ沢球技場はサッカー専用だった。
アビスパは現在、J1の自動昇格圏内の2位につけていて、3位との差は1差。
上位ともあって、以前観戦したときよりもアビスパのサポーターは多いイメージだった。

DSC_0719.jpg
結果、3-1で勝利。
先制されたけど、後半入った選手交代が嵌ったのか3点取り返した。
スコア以上にハラハラした試合展開で2度ゴールを割られたけど、ファールなどでノーゴールの判定で救われた。

やっぱりゴールが決まった瞬間の盛り上がりは現地でしか味わえないと思ったし、
逆転ゴールが入った瞬間はやばかった(KONAMI

横浜FCのサポーターが「ヨーコヨコヨコ」って応援してたのが印象的だった。
後ろの福岡のサポーター真似してて笑いそうになった。


で、某友人に誘われて、翌日バスケの試合を見ることに。
これがかなり面白かった。

バスケというと、去年に初めて国内プロリーグができて話題をよんだけれども、
今年もその勢いをそのままにかなりチケットも人気らしい。
ただ体育館も狭いところもあり、チケットの金額は割と高い印象があった。

DSC_0722.jpg

某友人T氏の地元が千葉ということもあって、「千葉ジェッツー京都ハンナリーズ」の試合を見ることに。
千葉のホームは船橋にあったのだけど、住宅地の中に体育館があってかなり驚いた。
あと京都のチーム名、はんなりしちゃダメだろと思った。
京都チームのユニホームは新撰組をイメージしているのか、かなりかっこよかった。

試合開始前から、プロジェクタを使用して派手な登場シーンがあって
サッカーや野球とは違う演出があって楽しかった。

DSC_0725.jpg

2Qが終ったタイミングでダンスショーがあったんだけど、写真だけ見るともうバスケじゃねーよコレ。
選手の登場シーンでは、テレビのサスケみたいに炎が上がってたし。

バスケに関してはテレビ放送も見たことなくて、衝撃の数々だった。
特にオフェンス中は千葉ジェッツの応援歌が流れて、ディフェンス中は焦らすような曲が流れてた。
ある意味スポーツだけども、一種のショーを見ているような気分。

帰りにT氏と共に、これからはバスケの時代だなと言ったくらい迫力があって楽しかった。
果たしてこの演出が千葉だからなのか、他のバスケの試合もそうなのかは分からないけど、
まだ始まったばかりのリーグともあって、色々と工夫がされててバスケを知らない人でも楽しめる内容になってた気がする。
あと、女性が多かった気がする。というか、7割くらいが女性だったかも。

何はともあれ、バスケのシーズンはこれから来年の5月頃までなので、
野球とサッカーが終っても、今年の冬は楽しみが増えそうでよかったという話。

次の更新は来年です。
スポンサーサイト