FC2ブログ

日暮れて道はなし

日々現状維持

 >  未分類 >  I don’t know. Just because.

I don’t know. Just because.

読書編を作ると言ったな、あれは嘘ではない。
ただ今じゃない。
ただの生存報告。 Read More

.

嘘ではなく、作ろうとして読書メータのバグを発見し問い合わせ中なのです。

年末に割かし確信めいた予感を持ちながら年越しをしたわけだけど、
その確信は初夢というか予知夢というか正夢というか、とりあえず晴れて現実となったわけで。晴れてないけど。
割と手塩にかけて育てた部下が退職願いを出してきたという話。
入社して先輩社員が辞めていく光景を目の当たりにして、退職察知スキルが鍛えられた。
退職察知スキル A++

察知スキルのおかげか、覚悟はできていた分、相談されたときも割と平然と対応したので
逆に相手に驚かれたりはしたんだけど、内心、思ってた以上にショックを受けている自分に驚いていたり。
ま、案の定上司に報告したらかなり驚かれて、留意しろと言われたわけだけど。

現実問題どうせ辞めるのなら、早めに辞めてもらったほうがいいという冷静な気持ちはあるわけで、
外野からワイワイと言われたときに言い返しそうになるけど、そこは夏目大人の対応で我慢する。
そう、Just because.の夏目ように、あの曇りまくった笑顔が夏目最大の輝きであったように、
今の自分の夏目対応もめちゃくちゃ輝いているんじゃね―――――

※なつめたいおう【夏目対応】(動詞)
 他人に言われたことを違うと思いつつも、場を取り持つために笑顔で同意すること。



という話を会社のアニオタの後輩に力説したところ、それはないと否定され、
むしろ最近腐ってますよと言われた。

悲しみ。

だがその意見すらも夏目対応している僕は、いつか夏目になれるのだろうか。
そう夏目の化身。いや権化か。
大人になるということは、つまり夏目になることである。


Just because.のアンソロジーめちゃくちゃ欲しいです。

スポンサーサイト

Return
スポンサーサイト
を入れる -->

コメント






管理者にだけ表示を許可する