日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


今年も恒例のエロゲー評価

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞこのブログがサイバーテロに逢うことがなく、平和に運営できますように。
さて今年もお馴染み”ななつ☆のエロゲー評価 in 2008”でお茶でも濁してください。

というわけで、2008年発売のエロゲーを一月から十二月まで分けて紹介したいと思います。
なお、順位などは他のサイトさんなどでやっていると思いますので、
純粋にななつ☆がやって面白かったゲームを紹介しますので、
他のサイトとは幾許かの差はあると思いますが、そこはご了承ください。

一月(発売ゲーム61本

一月といえば、1/25発売の、
FORTUNE ARTERIAL
さくらシュトラッセ
が共に推したいところです。
両者ともに、作風は違いますがクオリティはどちらも高いものでした。
正直、一月はCUFFSさんのGardenが一番の期待でしたが、
ちょっと後半のシナリオが今一感がありました。
シナリオライターの途中参加などあり、そこがやはり痛手だってのではないでしょうか。

二月(発売ゲーム63本)

一月に比べ若干発売ゲームは増えてますが、
二月お勧めのゲームは残念ながら一本です。
To Heart 2 Another days
実は同日にCLANNAD FULLVOICE版が出ていますが、
こちらは再販ということで、対象外としています。
To Heart 2 Another daysの感想ですが、
小牧妹シナリオが少し残念な漢字がありました。
これは文章が気に入らなかったわけでなく、
単に展開が思ってたとおりにならなかったという意味ですのでww

三月(発売ゲーム83本)
三月はかなりのソフトが発売されてます。
こなゆきふるり ~柚子原町カーリング部~
かみぱに
この二つですね。
後にこなゆきふるり ~柚子原町カーリング部~の方はファンディスクが発売されてますが、
そのファンディスクのキャラがツボにハマりました。
シナリオは前作に劣るものの、今回はキャラにやられた感があります。

四月(発売ゲーム82本)

発売本数は多いですが、
四月のお勧めゲームは今回はありませんでした。
手を付けていないゲームもありますが、
個人的には不作の月となりました。

五月(発売ゲーム81本)

さて、五月です。五月には同人ソフトが一本ランクインしました。
ふぁみりあ -Fami:Liar?-(同人)
夏空カナタ
同人ゲームであるふぁみりあ -Fami:Liar?-は同人ソフトですが、思った以上にシナリオが良く、
下手な企業のゲームよりも抜いている部分がたくさんありました。
前作もシナリオがしっかりしてるゲームが多く、次回作にも期待大です。
ちなみに、東方緋想天 Scarlet Weather Rhapsodyもこの月に発売しました。

六月(発売ゲーム80本)

六月は多くの良ゲーがあったような気がします。
るいは智を呼ぶ
Coming×Humming!!
二代目は☆魔法少女
特に上記の3本が秀でていたと評価しています。
その中でも予想外の良さだったのが、Coming×Humming!!でした。
どこかが凄く秀でてるわけではなかったのですが、全体的にクオリティが高かったと思います。
シナリオライターによっても差がありますが、そこは仕方ないと思ってプレイしました(ゑ

七月(発売ゲーム82本)

さて七月です、この月も良作が結構出ていた記憶があります。
あるすまぐな! -ARS:MAGNA-
空を飛ぶ、3つの方法。
ひみ☆ツイ
リトルバスターズ!エクスタシー
七月はこの4本をお勧めゲームとさせていただきます。
特にシナリオでは群を抜くリトルバスターズ!エクスタシーを筆頭に、
エロさでひみ☆ツイ、また平均的に高いレベルだった、
あるすまぐな! -ARS:MAGNA-空を飛ぶ、3つの方法。
この三つが続きました。

八月(発売ゲーム146本)

発売ゲームが半端なく出てますが、
夏コミもあり同人ゲームの発売で数が伸びています。
こなゆきふるり ~柚子原町カーリング部~ 外伝 冴子の通い妻日記
さくらんぼシュトラッセ
水平線まで何マイル? - Deep Blue Sky & Pure White Wings -
ぴこぴこ ~恋する気持の眠る場所~
てとてトライオン!
以上の五本を紹介させていただきます。
八月はさすが夏コミ。他のソフトも高いレベルを誇っていました。
ファンディスクは割愛させていただくとして、
ななつ☆的には今年のダークホースはぴこぴこ ~恋する気持の眠る場所~だと思ってます。
他にも、Omegaの視界 アキかけたシキのアイ
東方地霊殿 ~ Subterranean Animism
が発売しています。

九月(発売ゲーム69本)

夏コミが終わって発売数は半減しましたが、
一つだけ紹介させていただきます。
しゅぷれ~むキャンディ ~王道には王道たる理由があるんです!~
えっと、誤解を招くかもしれませんので、一応記載しておきますが、
ティンクル☆くるせいだーすスマガは未プレイなので評価できませんでした。

十月(発売ゲーム78本)

さて、十月です。またしても同人ゲームが一本入ってます。
ふたりぐらし(同人)
他にはWIZARD GIRL AMBITIOUSを入れたいところなんですが、
シナリオの評価があまり取れませんでしたので、外れてます。
もう一つの有力候補のvolume7ですが、未プレイということなので評価外です。

十一月(発売ゲーム66本)

十一月です。注目ゲームが予想通りの好評でした。
さかあがりハリケーン ~LET’S PILE UP OUR SCHOOL!~
もうこれ一本ですね。
前作よりも優劣かどうかは賛否両論あるものの、
二作連続でこれだけのクオリティを出せる部分にかなりの評価がありました。
十一月は他にも2本候補はありましたが一本のみの紹介にさせていただきます。

十二月(発売ゲーム122本)

やはり冬コミということもあり、発売本数も伸びています。
ヨスガノソラ
ほしうた
十二月はこの二本です。
特にヨスガノソラは予想を超えたクオリティでした。
ただマイナスポイントが魅力的なヒロインとそうでないヒロインの差がかなり目立ったということですね。
一応CUFFSの姉妹ブランドということもあり、
人間関係に重きを置いたシナリオになっているなと感じました。







以上去年を振り返ってのななつ☆2008年お勧めのエロゲーでした。

考察
今回の評価として、シナリオに重きを置きました。
また2007年よりもかなり迷ったように感じます。
ここで載らなかったゲームも、2007年で出していたら、
間違いなく紹介していたであろうゲームもちらほらと。

そして2009年は飛躍の年になってくれればいいなーと、
一人勝手に思います。


※あくまでななつ☆が計算した値です。
また同人ゲーム、ファンディスク、移植版も数に含みます。


スポンサーサイト