日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ひぐらしなく頃に解 目明し編(下)

今度は間違えないよ。
090220_133723.jpg
遂に始まった、魅音?詩音?の復讐劇。
果たして、雛見沢に起こった舞台の裏側とは?

読んでいて、なるほどと思いました。
綿流し編の裏側はこうなっていたのかと。
そして、五年目の祟りが始まり、そして終わっていったこと。
全てが悲しい内容でした。

以下ネタバレ内容

ネタバレは後書から選出させていただきます。

私たちにとって謎解きとは、想定した真実を透かし彫りにすることです。
それは時に、本当の真実を解き明かすことではなく、
自らの期待する真実に彫り直す作業に誤認されがちです。


このように、今回の事件の主犯格である詩音は、
結局は祟りは別の所が発端となっているのにもかかわらず、
園崎家(またその御三家)が主格となった犯罪という勘違いをしたために、
今回の五年目の祟りが起こったように、罪を犯してしまいました。
挙句の果てには、確かでもない情報に翻弄され、怒り、自滅へと向かっていきました。
そて、次回は罪滅ぼし編へと進みます。
ひぐらし完結まであと3話。
スポンサーサイト