日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


レインツリーの国

歓喜の国――――レインツリー。
090227_005733.jpg
有川浩さんらしからぬ小説でした。
元はと言うと、図書館戦争という本の中に実在する本として紹介されてたものですが、
それを有川さんが本当に作ってしまったという経緯があるみたいです。
内容は図書館戦争とは全く違うものとなっています。
聴覚障害者に恋をする、健聴者のお話です。
聴覚障害者である”ひとみ”は自分が聴覚障害者であることで不幸だと思います。
耳が聞こえないという気持ちは貴方には分からないと、
もう一人の主人公の”伸(しん)”にきつくあたります。
だけれども、それは耳が聞こえないことだけではなく、
他人には分かるはずもない傷は誰にだって持っているはずです。
それは障害者でもあり、健聴者でもあり。

要約するとそういった話がいっぱい詰まったお話です。
スポンサーサイト