日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


死神のキョウ

AJ   「  読  ま  な  い  か 」
AJはジーパンのチャックを下ろし始めた――――――
ななつ 「アッー」
090304_150250.jpg
前出の文はさておき、珍しく一迅社文庫に手を染めてしまいました。
そもそもメロンや虎などに行っても棚一列取り揃えてるかどうかもわからないくらい、
マイナーな文庫です。
”零と羊飼い”に続いて二冊目の迅社文庫。
ツンデレもありガチホモもありロリコンもありと、安定した内容だったと思います。
AJさんとともにお勧めしたい文庫の一つとなりました。
以下ネタバレ

克也が死んだ時点で、残りページも結構あったので、
もしや、これは主人公が何らかの力を手に入れるか何やらで、
克己が生き返るのかな、と読んでいたんですが、結局生き返りませんでした。
何かそのことにえらい関心しました。
というのは、最近のノベルって結局”死ぬ死ぬ”とか言って死んどきながら、
結局は何らかの現象で生き返る、または奇跡の復活を遂げるというパターンが
根についていたからだと思います。
別にそれが悪いと言っているわけでもなく、
かくいう私も克己が生き返る展開を望んでいるわけですが(笑
ですが、思い通りにならないのが人生。
レインツリーの国に感化されているようで悪いのですが、そういうことですw
スポンサーサイト