日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


イリヤの空 UFOの夏 その4

浅間だけでいい。
090323_125733.jpg
夏の逃避行を始めるイリヤと浅間。
最初は順調かと思いっていたが、ホームレスの男との接触、
そして浅間の軽率な行動。
不幸な出来事が重なって、遂にイリヤの中の浅間は消えてしまう。
榎本との再会。
そして地球最後の闘いへイリヤは向かう。
が――――当日となって事件は起こる。

以下ネタバレ
結局のところ浅間には何ができて、何ができなかったのだろうか。
イリヤが死んだかどうかもわからない。
最後の浅間の作ったミステリーサークルは果たして
イリヤが帰ってきたときの為に作ったのか、
それとも空に居るイリヤに向かって作ったのか。
後者だとするとおそらくイリヤは死んでしまった、
あいるはもう戻って来ないということを暗黙の言葉として置き換えているのではないか?
仲間を失ってからたった一人目的もなく生き続けてきたイリヤ。
(もちろん両者とも知らずに)作戦の中とはいえ浅間とコンタクトをとったイリヤだったが、
作戦の中でも偽物の出会いだとしても、そこには紛れもなく浅間がいた。
浅間に出来たことはたった一つだけだったかもしれない、
それでもたった一つの出来たことが、世界を救うきっかけとなったのだろう。
世界は無事救われたかどうかは、結局のところ分からないままなのだ。
イリヤはまだ闘い続けているかもしれない。
スポンサーサイト