日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


”文学少女”と穢名の天使

数か月ぶりの文学少女シリーズです。
090407_222857.jpg
既に設定を忘れかけている状態で4巻を読みました。
そういえば、前の巻はガチホモルートだったのを、
芥川が出てきたときに鮮明に思い出しました。
今回は知らない人はいないだろうという、”オペラ座の怪人”が主軸とないます。
オペラ座というとオーストラリアにある、オペラハウスを思い出すわけですが、
今回の文学少女はかなり多人数の感情の絡みから、
事件が起こってしまいます。
文学少女の特徴はやはり、各々のキャラクターが、
救われたのか救われていないのかが少々不透明な所にあるような気がします。
スポンサーサイト