日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


The Catcher in th Rye (ライ麦畑でつかまえて)

久しぶりの小説更新です。
090628_231610.jpg
というか、読み終わった本をうpしてないだけですが・・・。
キャッチャー・イン・ザ・ライはJ,D,サリンジャー著者を、
村上春樹が訳した小説となっています。
よって実際の日本語版と英語版では全くと言っていいほど違うそうです。
本書は学業に落ちこぼれた主人公が三日間ニューヨークを転々とする物語で、
かといって何の進展もなく、ただ社会を批判し、揶揄しているだけの内容。
ただそこに読み手に与える何かは確かにそこにある。
読む人によって、かなりの印象の違いがあるのだろうと感じる。
つまらない人は、ただ主人公が三日間ふらふらと旅行とした話にしか感じられないだろう。
そんな難しいかもわからないような話になってました。
正直こんなに感想が書きにくいのは初めてだったり・・・。
スポンサーサイト