日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


葉桜が来た夏

お前がどう言おうと、俺は友達だと思ってた。
091012_232742.jpg
人間と異性人が住む、地球。
一つの十字架がその異性人を連れてきた。
あれから時が経ち、異星人と地球人との終戦が齎された。
でも、それはお互いに目と鼻の先の平和に酔いしれるだけだった。

以下ネタバレ

実際に読んでみて、うまく話ができてるなーと。
主人公、学が憎む相手異性人(アポストリ)の一人と、共棲するという話。
偏にアポストリといっても、悪いやつもいれば、良いやつだっている。
それは人間だって、一緒のはずで。
死んだ人間は、何をしたって帰ってこない。
結局のところ解答は分かっていたのに、
でもそれでも、許すことはできなかった。

だけど、それでも、たとえ両親を殺された相手が君だったとしても、
君は友達だった。
スポンサーサイト