日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ダンタリアンの書架 2

カミラいい娘。
091025_004051.jpg
三雲さんのダンタリアンシリーズの二巻目。
今回は五つの短編集になっています。
紹介といっても短編集として構成されてますので、
紹介文がかなり難しいので、大まかな流れでも。
ダリアンシリーズでは、不可能を実現することのできる様々な書があります。
自分の思うままに移動したり、怪獣になったりと。
ただその本には貸し出し期間があり、
ダリアンと主人公のヒューイが期限の切れた本を取りにいくという話。
実際は期限だけでなく、トラブルや噂話などから本を探しに行くのが主体だったり。

以下二巻ネタバレ

個人的に一番面白かったのは、カミラの物々交換の話ですね。
カミラかなりいい子すぎます。
物々交換の原則は相手と対価なものを差し出すこと。
例えばただの水でも、渇水している砂漠では、
金にも負けないほどの価値を持っているわけで、
物々交換の等価という意味は決して客観的に判断できないところにあります。

結局のところ、カミラは自分の持つ等価交換の書物を差し出すことで、
難を逃れたわけですが。
それにしても自分の欲しかったものが、ダリアンの笑顔だったというオチはきれいでした。
スポンサーサイト