日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


神様のメモ帳 3

彩夏が戻ってきた。
091027_015238.jpg
神様のメモ帳もいよいよ三巻。
今回は主人公の通う学校のお話。
彩夏が戻ってきて、園芸部が再び動き出した。
ビニールハウスもある園芸部に対して、部員は二人。
とうとう、学校の組織監査委員回が部員の数に目を向ける。

そこに依頼が入る。
もともと園芸委員会だったのが、園芸部になったのか?
その背景には、ひとつの殺人事件があった。

彩夏がとうとう帰って来ました。
記憶を失ってしまったけど、でも奇跡は起きた。
奇跡は起こってしまったら、それは現実でしかない。
でも、それでも、記憶を失った彼女の接し方がいまいち掴めない主人公は、
なかなか彼女と仲良くできなかった。
そんな中で、園芸部を救う理由は何だろうか?
彩夏の為? でも自分の愚かさのせいで彼女を傷付けている。
園芸部で起こった事件とは。
スポンサーサイト