日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


葉桜が来た夏 4

戦争が今や目の前に。
091103_121206.jpg
遂に前回の一件から人間とアポストリの関係が崩落。
さらには葉桜はラパーチェの一件で評議員候補の資格を取られてしまう。
そんな中監視役として現れた稲雀。
策略が飛び交う中、彼女の役目とは何か。
水車小屋の動きも気になる、葉桜が来た夏4巻。


とうとう水車小屋が大きく動き出しましたね。
というか、まさか南方大使が死ぬとは思ってもいませんでした。
そして茉莉花が病気で倒れ、アポストリの政治は崩落寸前。
水車小屋の兵器も動き出しましたし。
ようやく、水車小屋のリーダーも判明しました。
次が最終巻らしいので、結末がどうなるのかご期待です。
スポンサーサイト