日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


さよならピアノソナタ

其処は心からの願いの百貨店。
091104_174751.jpg
転校生の真冬は世界でも有名なピアニストだった。
父親が音楽の評論家の主人公はごく普通の学校に通っていた。
しかし主人公が見たのは、巧みにギターを鳴らす真冬の姿だった。
ピアニストが何故ギタリストに。
そして彼女は転校初日に宣言する。
「どうせ六月には消えるから」、と。


神様のメモ帳でおなじみの杉井光さんの小説。
上記の作品と同じく、主人公の独白が多用されていて、
なんというか、杉井さんらしい小説だなぁと。
音楽の話も結構出てきますが、
実際に音楽を文字で現すのってすごいなぁと思います。
音を文であらわす、同じく景色を文であらわす。
断然、音の方が難しいわけで。
さよならピアノソナタは完結してるみたいなので、
早めに読みきりたいと思います。
スポンサーサイト