日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


嵌らないジグソーパズル

ぐらっと僕の身体は傾いた。
もう自分の意思で動かすことはできないみたいだ。
下は真っ暗な水面。落ちたら助からない。
でも、不思議と僕は抵抗することをしなかった。
死ぬことを受け入れたのだ。

不意に身体が軽くなった。
そうか、落ちているのか。
そう理解するのにはあまり時間がかからなかった。

睡む視界。
視界の良し悪しはもう些事たる問題だった。
だって、どちらにしろ目に映るのは一面の深く深く黒い海なのだから。
深淵の闇。


一度出てきたパズルのピースは形を変え今はもう嵌らない。


と、もう数年前の話に遡ります。
某二次小説投稿サイトを転々としていた僕は、
とある方に声をかけられまして、
オリジナルでの小説をそちらの方のサイトで数ヶ月間連載してました。

そう、だから数年前、つまるところ高校生の春休みの頃だと思います。
それ以来その方のサイトには行くことなく、今日ふと思い出して覗いてみることにしました。

消えてました。

そりゃもうさっぱりと。跡形もなく。おー激しい。
とまぁ、肝心の僕ももうデータを持ってるはずもなく、
表紙絵もろともネットの藻屑へと。

またいづれどこかで活動するのも悪くないかもしれません。

ちなみに上の文章は確か最後らへんかんな感じで書いてたなぁと、
ちょっと調子にのって書き起こしてみた。

スポンサーサイト