日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


東京すごいぃぃ、しゅごぃいいいいい

タイトル、正直すまんかった。
たった30分前後の面接をするために、
はるばる福岡から東京まで行ってまいりました。
面接の手ごたえですが、こりゃまず落ちたな、と。
いや、謙遜でもなんでもなく、
答えに詰まってしまい、それからはぐだぐだになってしまいました。

面接官「自立とはどういう事ですか?」

ななつ☆「!(°Д°」

なにこの初見殺し。
仮にこれが"働くとはどういう事ですか?"ならわかりますが、
自立とはどういう事ですか、と聞かれると、むむむ。
結局この質問にうまく答えることができずに、
後半戦は相手のワンサイドゲーム。いや、もとからアウェイゲームなんですけど。

面接の時にとにかく返事をしないとと思い「一人で生きていく力」と答えてしまったんですが、
そのときに面接官から「けど、SEってのはお客様やプログラマと一緒に働くよね?」と。

帰りの飛行機でよくよく考えたのですが、

"自己啓発できる力"

と答えればよかったかなぁと。
結局僕たち学生にしろアルバイトにしろ、先生は上司から振られた課題をやっているわけです。
また間違ったら、先生やら上司やらに怒られるわけです。
けど社会に出る―――つまり会社の中で働くと最初の方はそうかもしれませんが、
将来的には自分で仕事を企画し、考える場面というのが多々あるわけです。
そういったところから、自己啓発ないしは、
自分で考え動ける力というのが、僕にとって最善の答えだったのかもしれません。
若干自己啓発という意味とぶれてる部分もありますが、
今度聞かれたときにはそうしようかなぁと。

しかし、役員面接、4対1だったので、かなり緊張しましたね。
普段の面接と、最終面接、かなりの差がありました。
うーん、なめてかかってたな。
けど、いい経験だったと思って、これが最後の最終面接にならないようにしようと思います。

以上最終面接レポートでした。
東京観光というか、何したかって?

東京駅のトイレで引きこもってた。以上。
スポンサーサイト