日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


内容のない研究室

どうも、日曜日の朝にあるアレですね。
もともとデジモンの裏番組でした。そうですアレです。
ということでななつ☆です。こんばんわ。

なにかと研究室に出席しているのですが、
はっきりいって目標がないのでプログラミングの基礎勉強をやっております。

で、ところで皆さん、"目的"と"目標"の違い分かりますか?

ここで面白い例がありました。
有名なビジネス訓話「三人のレンガ積み」を引用した話です。

中世のとある町の建築現場で三人の男がレンガを積んでいた。
そこを通りかかった人が、男たちに「何をしているのか?」とたずねた。

一人めの男は「レンガを積んでいる」と答えた。
二人めの男は「食うために働いているのさ」と言った。
三番めの男は明るく顔を上げてこう答えた。
「後世に残る町の大聖堂を造っているんだ!」と。


このとき、三人の男たちにとって「目標」は共通ですね。
一日に何個のレンガを積むとか、工期までに自分の担当箇所を仕上げるとか。

しかし、「目的」は三人ともばらばらですね。

一人めの男は、目的を持っていない。
二人めの男は、生活費を稼ぐのが目的である。
三番めの男は、歴史の一部に自分が関わり、世の役に立つことが目的となっている。

ま、これ、とある記事の引用なんですが、
目標は他人に与えられることはありますが、
その目標に付加される意味を含むと目的であり、その意味は自分で見出す事であると。

というわけで、今僕のやっている研究は目標であって、目的はないんですよね。
これからこの研究になんらかの意味を見出したいと思います。
モザイク除去パッチとか、主にそっち方面に。

スポンサーサイト