日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


そういえば、告白が

以前ブログで紹介しました、本屋大賞を取りました「告白」が、
6月5日に映画公開されることになりました。
ゑ? 題材にするにはちょっと遅い? そうですね(´・ω・`)

過去本屋大賞を受賞した作品もほぼ映画化やドラマ化していますので、
まぁ今更ながら驚くことではないかと思います。
"夜のピクニック"や"さくら"、"博士の愛した数式"などなど。
ただ告白はこれまでの受賞作と比べると一風変わったものかなぁと思います。
あくまで僕個人の考えなので、評論でどうとかそういうことは全くないです。
変わっている、というのは、良い意味でも悪い意味でも。
それが、その告白という本の形というか本質なのかもしれません。

もともと本屋大賞とは、本が売れない現状に対する対策案だったりして、
純粋な川端康成文学賞や芥川賞、などといった文学賞とは一歩違うラインに立っています。
しかしながら2004年から着実に大きな賞となっているような気がします。

僕もまた本屋大賞に興味を持ったひとりだったりして、
これまで6回の選考があり、
大賞1作品、ノミネート9作品、合計10冊が、毎年発表されます。
過去60冊あるなかの、7冊読んできました。
どれも面白い作品ばかりでした。

他にも有名どころでいうと"このミステリーがすごい"などの賞も存在し、
結構影響されて本を読んでいます。
今年の本屋大賞が早くも楽しみです。
スポンサーサイト