日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


1Q84 BOOK 1

1984年の事。青豆は特殊な仕事の最中だった。
106.jpg
しかし途中高速で渋滞に遭ってしまい、仕事に遅れようとしていた。
そんな中、タクシードライバーは青豆に非常階段で高速から脱出するルートを提案する。
青豆はその提案に乗って高速から脱出して仕事を済ます事に成功した。
しかし、空を見上げると、何故か月が二つ浮かんでいた。

天吾は小説を書いていた。
そこに数年の付き合いの編集の小松がとある企みを提案する。
それは文学賞の選考に落ちようとしている有望なとある作品を、
天吾が書き替え、その原稿で文学賞を取ろうという事だった。

この二つが遠く離れた所で繋がっていたのだ。
スポンサーサイト