日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ルート100は偉大

とある肉体関係を持った○乱女性先生から教わった話です。(おおよそ嘘です

例えばテストや平常点の合計値が合格点に届かなかった生徒がいます。
大学ならまだしも高校の授業の単位を落とすというのは、
教師陣からしても、学校側からしても避けて通りたい道だったりします。

もっとも安易な方法は上底をしてしまうという作戦ですが、
これには少しばかり問題があって、仮に100点が最高値だったとして、
100点の生徒にこれ以上、上底を適応できないという事が挙げられます。

また、仮に上底で全員に10点を上げるとすると、
90点の生徒も95点の生徒も100点となり、
95点を取った生徒が少し損をしてしまうのです。

ここでルート100という計算方法を使います。

例えば
100*100の平方根(ルート)は100です。
つまり100点という数字を平方根の中で、
100倍にして平方根を取っても100なのです。
逆に90点という数字を平方根の中で、100倍にして平方根を取ると、94.868...
40点の生徒をこれに適応すると、63.245....

増えてるー!

と、このような手で、
生徒全員に平等に式を当てはめて100点を超えることなく、
さらに点数ごとの格差も残ったまま40点の生徒も合格点がもらえるというわけです。


で、後日談。

ななつ 「でも、30点の生徒って無理ですよね?」(30点だと54.77)
てんてー「もっかいルート100すればいいのよ!」


無限ループって怖いね。
スポンサーサイト