日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


―――というわけで、FA宣言続き

またしても野球ネタですまん。
FA宣言が本日付けで終了しましたので、スレのまとめを元に作成

多村仁志(ソフトバンク)…メジャー挑戦、残留、国内も視野
土肥義弘(西武)…メジャー挑戦
細川享(西武)…移籍確実(ソフトバンク、横浜)
小林宏之(ロッテ)…メジャー挑戦(国内も視野)
建山義紀(日本ハム)…メジャー挑戦
森本稀哲(日本ハム)…横浜
後藤光尊(オリックス)…中日(巨人?) (残留も)
藤井彰人(楽天)…阪神、横浜
関本賢太郎(阪神)…残留確定
内川聖一(横浜)…移籍確実(ソフトバンク、広島)
金城龍彦(横浜)…残留ほぼ確定


海外移籍希望組は話題から外すとして、関本と金城も残留確定なので除外。
また残留の可能性を示唆しているのが、多村と後藤。
が、どちらかというと後藤の方は残留がありえそうだけれども、
多村の方はソフトバンクとの価値観の違いなどから出て行く可能性が高いような気がする。

次に捕手のFAとなった細川と藤井。
両者ともに年間を通しての打率はそこまで高くないが、細川は一発が魅力。
細川や藤井が他球団に移籍した場合にレギュラーが取れそうな球団を考えると、
球団(今シーズンの主に出場した捕手)
・横浜(橋本、細山田)
・ソフトバンク(田上、山崎)
・西武(細川(退団)、上本)
大体この3球団かなぁと。
西武の上本は91試合出場と打率.264ともあって挙げるかどうか迷ったけど一応。
それに加えて、阪神の城島が開幕絶望ということになり、
将来的にはに二番手、三番手、捕手補強として獲得に乗り出すので、
FA捕手は横浜、ソフトバンク、阪神の取り合いとなりそう。
ただFAした側から見れば、阪神は開幕こそ活躍のチャンスはあるだろうけど、
後半に城島が復帰した場合を考えると条件面が良くても少し考えが鈍りそう。
去年捕手として活躍していた狩野もいるので、その影響もどうだろうか。
また細川とソフトバンクの契約は個人的にはないと思う。
理由として細川は在京球団を望んでいるらしい。

さて森本稀哲外野手。
これは獲得に乗り出している球団が現在横浜だけということで、
横浜の条件や待遇次第で残留か移籍かが決まりそう。
横浜は二年契約の二億円を用意していると言われ、
現年俸(8000万)から2000万up、更には億プレーヤーということも実現する。
移籍すれば内川の退団が確定的であるだけに、レギュラーもほぼ確定だと思われる。

そしてオリックスの後藤光尊内野手。
今年は井端の故障で二塁手が最後まで決め切れなかった中日が獲得に乗り出すと言われてる。
去年二塁手として獲得したエドガーが退団ともあって、巨人との声も若干ながらある。
オリックスからは森本同様に一億円で、三年契約を提示されており、
5300万からの大幅upかつ長期契約というのもかなりの魅力的な契約。
本人としても移籍一本という意思はなく純粋に他球団の意見が聞きたいとの話。
条件面や待遇面、また勝てるチームなどによって移籍か残留か決まりそう。

最後に内川聖一。
ポスティングでの海外移籍である岩熊や西岡、小林などを除けば、
FA宣言選手のなかで一番の目玉だと言える。
目立った怪我もなく、安定して打率を残していることも高評価。
当初はソフトバンクだけかと思いきや、広島も久しぶりのFA争奪戦に参加の表明。
自分がやるぞ、と思える球団に行きたいとのことで、
この点ではソフトバンク、広島とどちらも誠意次第だと思う。
新聞記事によっては横浜が連続で最下位ということもあり勝てる球団ということ、
更に大分出身ということもありソフトバンク有利との話も出ているが果たして。
内川は二球団で争うだけの選手ではないと思うので、
これから他球団が獲得に乗り出してきたら、今年のFA争奪戦も面白くなりそう。



戦力外の話

更に本日付けで巨人のクルーン投手とイ・スンヨプ内野手の退団が確定となりました。
両者とも日本球団でのプレー続行を希望しており、獲得球団が出るのを待とのことですが、
果たして獲得球団が現れるのかどうか。
巨人から戦力外の豊田投手はソフトバンクが獲得の可能性がとの記事もあったが、広島と契約。
各球団ともに抑え投手よりも中継ぎ投手の補強が必要な球団が多く、
クルーンは中継ぎ要因として獲得する球団が現れるかもしれない。
イ・スンヨプに関しては以前横浜が獲得するかもとの報道があったが、
その頃は村田が退団との可能性があっての記事なので、
村田の残留が確定となった現状で果たして獲得に乗り出すのだろうか。
おそらく森本や、獲得に表明を上げている捕手の結果次第で変化しそう。
野手であるカスティーヨ選手の退団で外国人枠は一人空いたこととなる(投手ではブーチェック選手も退団)
この影響もあるかもしれない。



最後に

現段階でFA宣言の申請期間が終了したので、
明日から正式に獲得に乗り出す球団が名乗りを上げそう。
特にFAに関して音沙汰のない球団の動きは如何に。
また毎年FA選手の獲得に動き出していた巨人があまり参戦してないような気がする。
去年頃から巨人は松本などの育成選手の台等も目覚ましく、
特にFA選手の中では必要な選手が居ないと言うことかもしれない。
また海外の日本人選手の状況が気になるところ。
先日は黒田投手の広島への復帰が期待され実現はしなかったが、
今年契約が切れたメジャーの岩村内野手と楽天と契約。
最近は井口、田口、城島などのメジャーから日本へ戻ってくる選手の獲得も人気とされ、
今年は元中日の投手川上も日本国内への移籍の可能性も示唆している。

さて、明日から各球団がどのように動き出すか楽しみ。
スポンサーサイト