日々現状維持

日暮れて道はなし

プロフィール

七橋綴(ななつ☆)

Author:七橋綴(ななつ☆)
大学生:♂
2013年―――気づけば今年誕生日を迎えると四捨五入で30歳
地獄の業界、SE業。
NEETになりたい(迫真)

カウンター

宣伝/広告


ブログ内検索

presentsed by nanatu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


開幕オーダー予想 西武ライオンズ

今日は西武ライオンズ

去年は78勝65負とパ・リーグで一番の勝ち数ながら
2位という結果になり、さらに1stステージで敗退をしてしまった。
最近のニュースとして
・細川のFA移籍
・D1の大石の加入

野手

1.片岡(二)
2.栗山(外)
3.中島(遊)
4.中村(三)
5,フェルナンデス(一)
6,G.G佐藤(外)
7.ブラウン(DH)
8.高山(外)
9.上本(捕)


野手陣は去年とほぼ同様の布陣となりそう。
細川の穴を誰が埋めるのかが課題となりそう。
個人的に銀次郎ではなく上本を推したい。
また、再起をかけるG.G佐藤の出来も気になる。
このため外野手の争いは栗山のみが確定で、
残りを石井義、高山、G.G佐藤で争う事になりそうだ。

投手

先発:涌井、岸、帆足、石井、菊池、大石
中継:藤田、長田、小野寺、星野、グラマン
抑え:シコースキー


怪我で開幕から出遅れた岸に加え、
今年は注目のドラフト1位の大石、去年の1位菊池が加わる模様。
後半戦は先発陣の不足からも失速したので、新人2人がどこまで力を出せるのか。
中継ぎ以降は去年と同じ人員となりそう。
特に抑えの選定が重要。
グラマン、シコースキー、また小野寺か。


打撃陣は例年通りスキのない打線。
控えのバッターも魅力的な選手が多く、ここぞの時の代打にも強い。
西武の懸念材料はやはり投手陣。
後半戦に中継ぎ陣が崩れた所為もあり、今年の中継ぎ陣の出来が気になるところ。
なんといっても、菊池と大石の二人の出来が今年の西武の魅力だと思う。

予想順位2~3位
若さもある西武は、今年も上位の筆頭候補か。
先発の涌井、岸、帆足が例年通りの力を出せれば上位は必至。
スポンサーサイト